STORY

殺してみたかった……って本当?

女子高生のみつば(前田聖来)の部屋でクラスメイトの理恵(國津ヒロ)が亡くなっていた。
死因は手斧による大量出血死……。
理恵の死亡時に共に部屋にいたみつばは「殺してみたかったから」と発言し、世間を驚愕させる。
記者・恭吾(いしだ壱成)は、みつばの名前や住所、家族の職場を公表する。
『加害者の名前を公表すべき!』と世論を味方につけた恭吾だったが、理恵の死はみつばによるものではないことがわかると世間は手の平を返し……。
路頭に迷った恭吾は、古くから知り合いの勝村(佐藤正和)に拾われ記者として再生を試みる。
しかし、みつばの事件がどうしても納得できない。
なぜ、少女は「殺してみたかったから?」と言ったのか?
何が彼女に「殺してみたかったから」と言わせたのか?

そんな時、みつばの担任・森崎(森永友基)が、「殺したのはあいつなんです」と恭吾の元を訪れる。
恭吾は事件の真相に迫ろうとするが……!?

最近、日本で起きた「殺してみたかった」と加害者の少女が発言した事件。
しかし、そんな動機で、実際に人が殺せるのでしょうか?
また、その言葉は真実なのでしょうか?
報道で発表されているは少女にとって、真実なのか。そうではないのか。
少女の発言は真実なのか、そうではないのか。

あなたの信じているものは真実なのか、そうではないのか。

どうぞ、その目で御鑑賞ください。